読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「できるだけ」をやめて自信を取り戻そう

「できるだけ稼ぐ」「できるだけ進める」ー「できるだけ」は危険な言葉で、これが口癖になっている人は廃人になりやすく、自信を失いやすい。

なぜ「できるだけ」が危険なのか、「できるだけ」をやめてどうしたらいいかを解説する。

「できるだけ」の危険性

「できるだけ」でやるのはできる範囲まで。できる範囲だから安全圏から出ないということで、何の危険もないように見える。けど人間はその気になれば割と何でもできてしまう。だから危険。

10tトラックを1人で持ち上げるのは無理だ。できる範囲から外れる。けど寝る時間を削ったり、湯船でのんびりする時間を減らしたり、そういうことはやろうと思えばできてしまう。できる範囲から外れないから、「できるだけ」が口癖になっているとやってしまう。

口癖になっているということは、それを善しとする価値観を持っているということ。嫌悪感を抱く言葉は口癖になるほど頻繁には使えないでしょ。だから「できるだけやること = 良いこと」となる。良いことなんだから、そりゃやっちゃうよ。

「できるだけ」をやめて自信を取り戻す

判断基準を「できるか」から「費用に見合う効果を得られるか」に切り替える。趣味の効果は「楽しい」だから、つまり時間やお金や健康などの費用を使ってそれに見合った楽しみを得られるか。

この基準で見ると、廃人プレイの多くは「できるかどうかで言えばできるけど、睡眠時間を削ってやるほどのことじゃない」になる。「いくらでもオリョクルできるから」が「俺様の貴重な時間を使ってオリョクルなんかやっていられるか」になり、今まで低く見積もりすぎていた自分の価値を適正なところまで戻せる。

オリョクルなどを続けていると、自分の1時間をその程度の価値だと思い込んでしまう。オリョクル1時間で燃料を1000稼げるとして「自分の1時間は燃料1000程度の価値」。課金アイテム「タンカー徴用(燃料1000)」は300円でも普段買わないわけだから、時給300円より更に低い。

この価値観を適正なところまで戻すと、最低賃金って時給800円くらいかな。800円として、自分の価値が2倍以上になる。最低賃金なんかで働いていられるかって言うなら1000円でも2000円でもいい。こうなれば300円以下とかいうゴミみたいな作業には見向きもしなくなる。それでいいんだよ。「俺様の1時間には~円の価値がある」という自信によって、精神病と無縁で健康な生活を送れるんだよ。

廃人が自信を失う仕組み

廃人は極めれば極めるほど自信を失っていく。割に合わない作業までやるようになるから、自分の時間の価値がどんどん落ちていって、自分の価値を低く見積もるようになる。「できるだけ」をやりまくるんだから、まぁそうなるな。

これが何かの選手や仕事ならお金や名誉に繋がるからそっちで取り戻せるんだけど、ただの廃人では自信に繋がるものが得られないから自信を取り戻せない。失いっぱなし。

自信を取り戻したければ、廃人の道を突き進むのは逆効果。その道を進んで自信に繋がるものが得られるか考えて、得られそうにない道なら進路を変えた方がいいよ。まずその口癖の「できるだけ」をやめてみよう。