ちょっと乱数が偏っただけで存在しない悪意を妄想する病気

「~%の確率で成功するなら、まぁどれだけ運が悪くても~回もやりゃ成功するだろ。それで成功しないのはおかしい。運営が悪意のある調整をしやがったに違いない」

あまりに成功しないとこういう何とも言い難い精神状態になるよね。けど多分悪意のある調整なんてされてないんだよねこれ。

存在しない悪意を妄想する病気

乱数だから偏ることはある。たまたまそれにぶち当たってしまっただけ。そう考えるのが妥当だと思う。統計学とかよくわからんけど。

そんな軽度の不運に遭遇しただけで「運営が悪意のある調整をしやがったに違いない」と考えてしまうのは「存在しない悪意を妄想する病気」じゃないかな。世間話しているだけの人を見て「悪口を言われている」と思い込んだりとかそういう。こういう状態に陥ったらもう艦これがどうこうではなく精神科のお世話になる事案だよ。

そりゃ何度も失敗が続くと精神的に参ってしまうから、ある程度はこういう状態に陥るのも仕方ない。けどその限界が低すぎると、まぁ多分これから生きていく中で今回程度の不運はときどき発生すると思うんだけど、その度に悪意をでっち上げてしまう。「相手が悪意を持っている」と思い込んだあなたは攻撃的になるはずだから、トラブルの原因になるし不運が重なると事件にも発展する。

妄想は大人になってから

妄想には良い妄想と悪い妄想がある。どういう妄想が良いかというと、やって幸せになれる妄想。都合のいい美少女を妄想してエヘヘってなったり宝くじが当たった場合の使い道を考えたりとか。

けど「存在しない悪意を妄想する病気」は幸せになれない悪い妄想だからダメ。

妄想は艦これと同じで、大人にならなきゃやっちゃいけないモノなんだよ。どういうのが良い妄想でどういうのが悪い妄想か、どの程度が適量でどの程度が危険か、それを分別できないうちから常習的にやっていたら身を滅ぼしてしまう。

妄想している自分に気付いたら「で、これ続けて幸せに繋がる?」と考えてみるといいんじゃないかな。繋がりそうになければそこで終わり。どうせ妄想するなら良い妄想がいいよね。