難しく考えない入渠戦略

入渠時間は3時間、4時間、8時間、25時間で使用可能な入渠ドックは2つ。最短で全て入渠を終わらせるにはどういう順番で入渠させるべきか?

回復手段に限りがあるのに艦娘はどんどん壊れるから、こういう数学パズルみたいな問題が出てくる。頭を抱えるところだよね。私は何ら難しく考えてないけど。

使いたい艦娘を優先させて、後はどうでもいい

回復の目的は「使いたい艦娘を復活させるため」。今の耐久では使えないから回復して耐久を戻す。これが基本。

艦娘の中には次回活躍するのは来週来月みたいなのもいる。「第五戦隊」出撃せよ!で使う那智とかね。今月那智が壊れても、来月「第五戦隊」出撃せよ!で使うまでに復活していれば問題ない。こういうのは後回しでいい。

逆に編成記録でいつも呼び出して使っているような艦娘は壊れていては困る。未来の自分が困っている姿を容易に想像できる。こういう艦娘は最優先で入渠ドックに放り込む。

使いたい艦娘が壊れていない場合は、後はどうでもいい。目に付いた艦娘を深く考えずに1枠残して埋めるように放り込む。もしくは全枠埋めてもいい。どっちの方が強いとか長いとかは気にしない。使いたい艦娘以外になんて深く考えるほどの価値はないよ。「入渠ドックが空いていたらとりあえず何か放り込む」でいいんだよ。

入渠時間で見て全部効率的に片付けるにはどうすべきか、なんて考えると数学パズルになってしまう。回復の目的は「ダメージソートした艦娘一覧の掃除」じゃなくて「使いたい艦娘を復活させるため」。そう考えれば優先順位の上から順に選ぶだけになり、難しく考える必要がなくなる。

バケツの使い方

バケツについても考え方は同じで「使いたい艦娘を復活させるため」に使う。「入渠時間5時間が残り1時間まで来たけど今使いたい」「疲労が付いちゃったけどまだ使い続けたい」「次回使うまでに入渠が終わらない」そういう艦娘がバケツ対象。「バケツを使いたい艦娘がいるのに入渠ドックが埋まっていて、待つのが嫌だからバケツで追い出す」みたいな使い方もある。

大事なのは「その艦娘を使いたいかどうか」。それだけ。艦娘は次回使うときまでに復活していればいいんだから、「使いたい艦娘が壊れていたらバケツ」でいい。

この運用でバケツが減る場合

この運用は「もう難しく考えるのは面倒だからやめたいけど、じゃぶじゃぶバケツを溶かすのはちょっと…」という人向けの「難しく考えずにそこそこ納得感のある入渠が可能で、バケツ消費量もそんなに増えない方法」。だからバケツ消費量は増える。

バケツ消費量を抑えたいならプレイスタイルを見直す必要がある。うん。高速レベリングとか戦果ランキングとか、そういうのやめちゃえばいいと思うよ。そういうプレイスタイルだから難しく入渠スケジュールを組まなきゃいけなくなるほど追い込まれる。それ込みで高速レベリングや戦果ランキングなワケじゃないですか。

「難しく考えるのは嫌」ということは、それが必要なプレイスタイルが自分に適していないってこと。難しく考えずに済むプレイスタイルに切り替えましょう。