資材のための艦これはクソゲーだからやめよう

艦これは資材がなくなると、資材が回復するまで行動できなくなる。兵站管理は艦これの大事なテーマの1つだ。

でもね。兵站管理って、資材のために艦これをやることじゃないと思うんだ。

資材のための艦これとは

  • キラ遠征
  • 遠征に捨て艦を活用する
  • 短時間遠征をフル活用する
  • 潜水艦で出撃任務を片付ける
  • 出撃任務達成後もオリョクルで資材稼ぎ
  • 近代化改修する前に、素材の装備を剥がす
  • 解体前に1-6、2-2、2-3などの放り込んで資材を回収する

こういうのが「資材のための艦これ」。徹底的にやれば、そりゃすげぇ量の資材が得られるだろうね。けど「資材のための艦これ」は「資材を貯める」という一点に特化した作業で、ゲームにおいて一番大切な「楽しさ」を無視している。要するにつまらないし辛い。

キラ付け楽しい!って人は多分いないし、捨て艦を使っていたら入れ替えが面倒だし、短時間遠征をフル活用していたら忙しくて疲れる。潜水艦で出撃任務を片付けても艦隊は強くならないし、オリョクルの稼ぎはクソだし、装備を剥がすのも面倒だし、数十の資材のために負け戦を1戦眺めていたら気が病みそうになる。

このつまらなくて辛い「資材のための艦これ」が艦これをクソゲーにしていると思う。

なぜ「資材のための艦これ」が必要なのか

資材を大量に消費するため

大量生産が必要なのは大量消費をまかなうため。そりゃそうだ。でもこれを冷静に考えると「大量消費すると、資材のための艦これが必要になる」。

情報が出揃わないうちにイベント海域に突撃したり、短時間でレベリングしたり、ランキング上位を維持したり、そういう大量消費でしか楽しめないという思い込みが、あなたに「資材のための艦これ」というクソゲーを強いる。

発想を切り替えよう。大量消費しなければ、資材のための艦これが必要なくなる。そして実は大量消費しなくても艦これは楽しい。たとえば「情報が出揃ってからパズルを解くように攻略する」なら安くイベント海域を攻略できる。「未開の地を切り開く楽しみ」はないけど「パズルを解く楽しみ」がある。

高い収入がなくても、現状で楽しんだり幸せを感じたりできる能力があれば楽しめるし幸せを感じられるよ。

小さな損でも無視できない病気のため

近代化改修の素材にした艦娘の装備は消滅する。だから素材にする前に装備を剥がして廃棄した方がいい。

けど装備を廃棄して得られる資材の量はお小遣い程度だ。「1円でも安く買うために、交通費を払って遠くの店に行く」みたいな、そういうアレ。時給数十円数百円で働いて楽しいかって。

仮に1年間毎回装備を剥がし続けたとして、どれだけの資材を得られるだろう。言い換えれば、その資材を消費することで、あなたは1年間素材から装備を剥がして廃棄する作業から解放されるわけだ。

「装備を剥がす」という寄り道がなくなり、直接近代化改修できるようになる。そんな素敵なサービスを、お小遣い程度の資材で受けられる。艦これのクソゲー部分を省けて、艦これが楽しくなる。

実際に稼いでいる金額・量を計算して「何これクソじゃん」と認識するだけで治る、簡単に治療できる病気だよ。さっさと治して楽しい艦これをやろうよ。

まとめ

「兵站管理」は「徹底的に収入を増やす」という意味ではなくて「資材との付き合い方を考えて艦これを楽しむ」ということなんだと思う。思い出してみてよ。艦これってゲームだよ。楽しむためのものだよ。

つまらなくて辛い「資材のための艦これ」をやっているなら、やめてみたらどうかな。艦これが楽で楽しいゲームだということに気付けると思うよ。